113

ヘアカタ
ウルフっぽさを少しだけとりいれたミディアムスタイル。

短めの前髪、バイオレットピンク系のグラデーションカラー、奇抜すぎないオシャレ感。

少しチャレンジしてみたい、変えたいなって気分の時にいかがですか?

HAIR: HOSOI (HARAJUKU)

110

ヘアカタ
シンプルな重めのロングスタイル。

サイドからバックの後ろにかけて、パープルとレッドのハイライトを。

眉上のバングがさらに個性を引き立てます。

HAIR: OHYA (HARAJUKU)

108

ヘアカタ
しっかりカールと重めな前髪を組み合わせたミディアムスタイル。

Aラインに広がるボリューム感。
サイドにまとめた時のエレガントな雰囲気。

女性の魅力を引き立ててくれるスタイルです。

HAIR: NAO (HARAJUKU)

106

ヘアカタ
コンサバティブになりがちなミディアムレングス。

自然に放置した毛先の退色を活かしたグラデーションカラーで遊びと個性を。

生活の中のいろんなシーンで、いろんな彩り方をしてくれるんです。

HAIR: MORI

096

ヘアカタ
サイドパートのボブスタイル。

耳にかけた時、
髪を動かした時、
髪をまとめた時、
髪の見せ方が楽しめるカラーデザインです。

HAIR: NAO (SHIBUYA)

093

ヘアカタ
前下がりベースのミディアムスタイル。
サイドに厚みをだしてアンニュイさを。

ソフトブリーチ後、毛先にいくにつれて赤みが深くなるワインレッドのカラーをのせて。

柔らかい光に透けた時、女性らしい色気を感じる。

そんなミディアムデザインです。

HAIR: HOSOI (HARAJUKU)

088

ヘアカタ
毛先のランダムにライトブルーでハイトーンカラー。

毛先のカラーは毛束一本一本入れる位置を変え重なりを考えて。

動かした時の髪の見え方が素敵なスタイルです。

HAIR: NAO (SHIBUYA)

085

ヘアカタ
ピンクラベンダーのグラデーションカラー。

一見挑戦しずらそう…?
そこが腕の見せ所。

日本人の肌の色になじみやすいように根元の暗い部分を調整。

意外にもしっくりくるこのカラー、ちょっと冒険したい方オススメです。

HAIR: HOSOI (HARAJUKU)

079

ヘアカタ
ウルフベースのグラデーションカラー。
ウルフってかっこいい、クールなイメージだけど、そこに柔らかさをプラスしてあげると今っぽいウルフに。

カラーもベージュ系のグラデーションで柔らかさを。
重めベースに飽きた方に是非オススメしたい新鮮なスタイルです。

HAIR: HOSOI (HARAJUKU)

067

ヘアカタ
グラデーションカラー × ボブ
根元は暗く、毛先にかけ明るい、グラデーションカラーがポイントのボブスタイルです。無造作に動いた髪の重なりと、カラーの明暗の重なりが、より立体的に髪の動きを強調。 結んでもカラーの見え方がカワイイスタイルです。

HAIR: NAO (SHIBUYA)
Location:HOMEDICT